ゾンビ銀行指数(テキサス・レシオ)

ゾンビ銀行指数(テキサス・レシオ)の紹介

銀行についての情報はいろいろとデータとして出ています。その中でも、銀行の健全性がどのようになっているかについては、多くの人の注目が集まるかと思います。銀行の健全性を知るために重要なデータとなるのが、テキサス・レシオと呼ばれるものです。テキサス・レシオは、銀行の不健全性がどの程度になっているかについて数値化して指標にしているものを指します。つまりテキサス・レシオの数値が高くなっている所と言うのは、経営が危ない状況になっている銀行と判断することができるわけです。

 

1980年代に、アメリカでは貯蓄組合危機というものが勃発しました。この時に経済アナリストが使い始めたのが、テキサス・レシオです。なぜテキサス・レシオと呼ばれるかと言うと、貯蓄組合危機の時にテキサス州の状態が特に深刻だったことからこのように呼ばれるようになったと言われています。ちなみにこのテキサス・レシオですが、ゾンビ銀行指数と呼ばれることもあります。ゾンビ銀行指数と言われると、いかにも危ない銀行が名を連ねているような印象があります。

 

テキサス・レシオは、銀行の抱えている不良債権残高を有形自己資本及び損失割り当て準備金で割った値を指します。不良債権は、失う可能性が高い資産と判断することができます。それに対してどれだけの資金を準備することができるかについて表しています。テキサス・レシオが100%を超えると言うことは、失った資産を現在準備している資金で補てんすることができなくなっていると言えます。

 

つまり、経営的にかなり危ない水域に達してきているということができます。最近の実例を見てみると、150%を超えてきたあたりからその金融機関は、破たんをするリスクが高まります。このテキサス・レシオですが、ニュースなどで取り上げられることもあります。中には、200%を超えるようなテキサス・レシオになってしまっている所もあり、かなり経営危機に陥っている所もあることが分かります。

みんなのFX

『みんなのFX』は、FXサービスの中でも老舗の部類となっています。運営会社については変更がありましたが、現在はトレイダーズ証券が運営会社となっています。スプレッドに関しては業界内でも最高水準のスプレッドとなっていて、取引高が多い、米ドル/日本円の場合には0.3銭、ユーロ/日本円では0.6銭となっています。取引環境としては、モバイル環境ではiPhone/Android/iPad/通常のモバイルと、全て揃っていると言えると思います。パソコン環境における、取引システムに関しても、3つが用意されていますし、カスタマイズもしやすいので、自分の使いやすい様に、取引画面を調整する事が可能となっています。また、自分の取引状況や今までの取引結果を分かりやすいビジュアル化されたデータで見る事が出来る様になっています。自分の成績をきちんとした客観的なデータで見る事は、以降の取引において、非常に重要な点となります。1000通貨単位での取引にも対応をしているので、初心者の人でもリスクを抑えて取引を始める事が可能となっています。

みんなのFX

株式会社マネーパートナーズの『パートナーズFX』

FXサービスを提供しているFX業者は軽く20社を超えて居ます。小さな会社も含めれば50社以上は軽くあるのではないでしょうか。少し前のFX業者の統廃合が進む前では、100社以上があると言われていました。その中で各社ともに自社の特長を出そうと必死に差別化を行っているので、中々このFXサービスはここが!と言うのが見当たらないのが正直な感想になります。その中でもマネーパートナーズ社の『パートナーズFX』は100通貨単位で取引が出来る。と言う点では特長として出す事に成功をしているサービスになると思います。通常FXでは10000通貨単位での取引となっていますが、中にはそれよりも低い1000通貨単位での取引を行えるサービスも出てきました。しかしながら100通貨単位で取引を行えるサービスを提供している会社はほとんどなく、ある程度知名度のある会社でこの100通貨単位でのサービスを提供している点は、初心者の人に非常に向いているサービスとなっていると言えます。

パートナーズFX

DMM.com証券の『DMM FX』

広告なども積極的に行われていた時期があると思いますので知名度としても高いサービスとなっているのがDMM.com証券の『DMM FX』となります。スプレッドと言われるFXの実質的な取引手数料と言われているコスト面ではFX業者の中でも最高水準の狭さとなっているので、利益の出しやすい環境となっています。反面として実際にトレードをしている人達の声を見てみると、取引専用としては特に不満はないけれども、システム面については乏しいと言う声もあります。取引専用としては有り?と言う感じみたいですが、ツールであったりシステム面には不満があるユーザーも居るみたいです。

DMM.com証券の『DMM FX』

外為ジャパンFX

外為ジャパンは以前は運営会社が別でしたが、現在はDMM.com証券が買収をして運営をしております。買収後は取引通貨単位が1000通貨単位に引き下げられて、投資環境としては、初心者向けの内容へとシフトチェンジされて来ている様に感じます。1000通貨単位での取引出来る事によって、必要な証拠金は1万通貨単位と比較すると大幅に引きさがります。最低必要となる金額となりますと、為替相場によって変動してしまいますし、最低ラインとなってしまいますと、少しの相場変動で終わってしまう可能性もありますので、一言でズバッと言えない箇所が悩ましいのですが、最低取引単位で、実際に練習も兼ねての取引となると、1万円あれば、相場が多少を変動したとしても、いきなりの損切りを要求される事はない水準となります。これが1万通貨単位の場合だと、単純に10倍の金額が取りあえず必要な金額となりますので、敷居の低さを感じて頂けると思います。

外為ジャパンFX

INV@ST「FX24」

インヴァスト証券が提供しているFXサービスの『INV@ST「FX24」』は、短期よりも中長期的な取引を検討している人に向いているサービス内容となっている。と言えると思います。その理由としては非常にシンプルなのですが、スワップポイントが業界内でも高水準となっているからです。スワップポイントについては、こちらスワップポイントの比較表ページとなっていますので、参照にしてみて下さい。このスワップポイントが高水準であれば、中長期的な視点で見た場合には取引上、有利になります。短期的な取引を検討している人の場合には、コスト面で感がると、スプレッドが狭い業者を選んだ方が、結果的に得をする事が出来ると思います。インヴァスト証券の場合、米ドル/日本円のスプレッドが1銭(2013年5月時点)となっていますので、以前のFX業界の水準で考えると十分狭いのですが、今はより狭い水準で提供をしている会社も多くなっているので、この点に関しては、業界内でも普通と言う感じになっているので、数日と言う範囲内で考えた短期的なトレードは向いていないと思います。

INV@ST「FX24」

海外FX人気ランキング

FXの初心者の人にはオススメ出来ないのですが、国内FX業者ではレバレッジ規制が設定されてしまっているので、以前の様にハイレバレッジを駆使した短期的なスキャルピング手法での取引が難しくなっています。そんな短期取引をしたい人にオススメとなるのが、海外FX業者となります。海外FX業者と言っても、様々な会社がありますので、ランキング形式で紹介をしているサイトを紹介させて頂きますので、こちらから自分に合った会社を探すのに役立ててみて下さい。

海外FXランキング

オススメ海外バイナリー

アドセンス広告